Amazonで販売するにはまず、

Amazonセラー登録を行う必要があります!

 

Amazonには購入アカウントと出品アカウントがあり、

Amazonで販売するためには出品アカウントが必要です。

 

購入アカウントもなければ

登録はどちらが先でも構いませんが、

 

出品アカウントを作ろうと思うと、

結果的に購入アカウントも作る流れになります。

 

Amazonを使えば、

売り上げが上がるだけでなく

FBAサービスを利用することで

作業を大幅に簡略化でき、

効率をUPさせられます。

 

僕も6年前に通った道です!

 

ここでは、

・Amazonセラーに必要なもの

登録手順

登録後にやっておきたい初期設定

について解説します!

 

まだAmazon販売をしていないけれど

これから始めたい方はぜひご覧ください!

 

Amazon(アマゾン)セラー登録に必要なもの

 

Amazonセラー登録に必要なものは、次の6つです。

 

① 銀行口座

売上は銀行振込になりますので、受け取るための口座が必要です。

銀行口座には特に制約は無く、ネットバンキングなどでも問題はありません。

 

②クレジットカード(デビットカード可)

大口出品の月間登録料(4,900円+税)の支払いや

手数料はクレジットカードで行うことになります。

 

ただ、Amazonでは基本14日周期で決済され

これらの月間登録料と手数料は

売上と相殺されます。

つまり、売上からもろもろの手数料を引かれた後

入金額が下回ると差額が請求されます。

*小口出品は月間登録料が無料です。

 

③メールアドレス

Amazonへのサインインは

メールアドレスとパスワードで行います。

そのほかにも

商品を出品したあとなどに

Amazonからメールを受け取る場合にも、

この時登録したメールアドレス宛てにメールは送られます。

 

*メールアドレスは後でも変更可能です。

 

④電話番号

特に使用することはないですが

登録上応答ができる電話番号が必要です。

 

アカウント取得の手続きの中に、

電話での認証を求められるという工程があります。

固定電話でも携帯電話でも問題ありません。

 

⑤本人確認書類

本人確認書類は、運転免許証パスポート・戸籍証明書

のいずれかが必要です。

*マイナンバーカードは利用できないので、注意しましょう!

 

また、本人確認に必要のため

注意点が多くあります。

 

以下の注意点にひっかかかっていないか

確認して登録手続きを行ってください。

 

<注意点>

①身分証に記載のある氏名は

セラーセントラルに登録する情報と一致している

②身分証には顔写真が入っている

③身分証は有効期限内である

④スマホ、携帯電話、デジカメ等で撮影した画像、

または原本のスキャンデータを提出

*スクショ(画面キャプチャ)は審査対象外

 

⑤パスポートを使用する際の注意点

顔写真のページを撮影した画像を提出し、

パスポートには必ず署名を記載する

 

⑥運転免許証の場合

 カード両面を撮影した画像を提出する

 

⑥インターネット環境

出品アカウントを作成して、

Amazonで商品の販売を行っていくなら、

パソコンでネットに繋げる環境を持っておきましょう。

 

この後の記事を読むにつれて

分かってくると思いますが、

スマホだけでやっていくのは

かなり苦しくなることは間違いないです。

 

Amazon(アマゾン)セラーの登録手順

 

実際にAmazonセラー登録を行うには、次の手順が必要になります。

  1. アカウント登録
  2. アカウントの審査

 

アカウント登録

まずは出品用アカウントの登録が必要です。

 

  1. 出品用アカウントを作成してログイン
  2. 確認コードメールを受信してコードを入力
  3. 法人情報/個人事業主情報を入力
  4. クレジットカード情報を入力
  5. 本人確認書類をアップロード
  6. アカウントの審査へ

 

法人情報を入力する際には、

法人登記簿を用意しておくとスムーズです!

 

 

出品用アカウント作成手順


出品用アカウントを作成するため

まずはセラーセントラルのログイン画面に入ります。

 

こちらのリンクをクリックすると

下の画像のログインページに移ります。

セラーセントラルログイン画面

赤枠の「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

クリックすると、下の画面に移ります。

名前、メールアドレス、パスワードを設定して

「次へ」をクリックします。

 

「次へ」をクリックしたら、上の画面に移り、

登録したメールアドレスへ確認コードが届きますので、

 

確認コードを入力して

「アカウントの作成」をクリックします。

 

出品者の情報を登録する

「アカウントの作成」をクリックすると、

上の画面に移りますので、

事業所の所在地を選択し、氏名を入力します。

 

*業種は法人化していなければ

個人、個人事業主を選択します。

 

「身元の証明」は

運転免許証・パスポート・戸籍証明書

添付しやすいもので大丈夫です。

 

「確認のための電話番号」も、

現在利用している個人の電話番号で大丈夫です。

 

入力て認証されたら

「次へ」をクリックします。

 

クレジットカード情報を登録する

 

 

法人名義でも個人名義でも

どちらのクレジットカード情報を

入力しても大丈夫です。

 

このクレジットカードから

月額登録料4900円(税抜)が

毎月支払われることになります。

 

ただし、月額登録料を超える売上が計上された場合には、

ペイメントから相殺されます。

 

*デビットカードも扱いは

クレジットになるので登録可能です。

 

 

ストア情報を登録する

 

もし、オリジナルブランド商品(OEM)販売をするのであれば、

JANコードの有無もブランド所有者かもどちらも、

「はい」を選択しましょう。

 

「Amazonで出品を希望する商品のメーカー

またはブランド所有者(あるいはブランドの代理店や代表者)ですか?」

の問いにはい、もしくは一部を選択すると

 

Amazonで出品を希望する商品のブランドは

商標登録を受けていますか?

の問いが出てきます。

 

ですが、どれを選択しても問題ありません。

 

*ストア名は登録後でも修正することができます。

 

 

本人確認書類を登録する

 

 

本人確認書類を添付できたら、

最後に「送信」をクリックして完了です。

 

これらのデータを元に、Amazonで審査が行われ、

審査の結果は2営業日後にメールアドレスに連絡がきます

 

 

ビデオ審査

 

Amazon.com(アメリカAmazon)では、

すでにビデオ通話による審査が行われていて、

日本でも一部で開始されています。

 

アカウント作成者全員ではないですが

ビデオ通話が実施されているようです。

 

問題がなければ10分程度で終わります。

ただし、サブアカウントを作成する際には、

身分証明書と顔の確認があるため、

 

パソコンでの場合はカメラ付き

なければスマホでの対応になります。

 

アカウントの審査

アカウント登録が完了すると、次はその審査に入ります。

 

通常、審査は3営業日ほどで完了し、

その間は特にやることはありません。

 

審査の結果は、登録したメールアドレスに届くので、

Amazonからのメールを受け取れるように設定しておきましょう!

 

 

登録後にやっておきたい初期設定

 

 

最後に、アカウント登録後にやっておきたい初期設定を3つ紹介します。

 

いずれも出品の際に必要になることなので、

事前に済ませておきましょう!

 

  • 小口出品/大口出品選択
  • 口座情報登録
  • 事業者登録・古物商許可登録

 

小口出品/大口出品選択

 

小口出品/大口出品とは、

Amazon販売をするときに選ぶ出品形式です。

 

まずは2つの出品形式の違いをおさえておきましょう!

小口出品 大口出品
月間登録料 0円 4,900円(3ヶ月間無料)
基本成約料(100円/1点)
出品形態 出品 出店(Amazon上に出品一覧掲載)
一括出品ツール ×
注文管理ツール ×
ショッピングカートボックスの表示 ×
利用可能決済
  • クレジットカード
  • Amazonギフト券
  • Amazonショッピングカード
  • クレジットカード
  • Amazonギフト券
  • Amazonショッピングカード
  • コンビニ決済
  • 代金引換
  • 楽天Edy
  • プロモーションコード
  • Amazonポイント

 

少量出品の場合、

小口出品が推奨されることが多いです。

 

ただし、現在は6カ月間

大口料金が取られてしまうので

基本的には大口出品を選ぶ方が良いです。

 

そもそも、大口出品の方が、

購入者が利用できる決済方法が多く、

物販、せどりに必要な便利ツールも使えるため、

小口出品よりも利益を伸ばしやすい傾向にあります。

 

口座情報登録

 

次は、売上を受け取る口座情報を登録しましょう。

 

事前に登録しておくと、

出品後の受け取り・仕入れが

スムーズになります!

 

ログインすると、

「入金方法情報を確認」という表示が出るので、

画面の指示に従って口座情報を入力しましょう!

 

 

支払い方法の設定

 

支払い方法が多いほど購入者も当然増えます。

ですので、こちらの設定は

販売する前に行っておくと良いです。

 

 

画面右上の

「設定」>「出品用アカウント情報」から行います。

 

次に①の支払い方法の設定を選択します。

 

 

どちらもこのように選択しておくと良いです。

 

 

配送設定

 

まずは出品用アカウント情報内にある

②の配送料金を選択します。

 

次に、配送パターンの編集を選択します。

 

 

まずは配送料の設定です。
どちらかの選択をします。
どれを買っても
1点で500円の配送料がかかるといった状態になります。
楽天の3980円以上で送料無料
といったような設定になります。

 

次に配送までの所要期間の設定です。

 

毎日いつでも出荷できる人は1日で良いですが、

中には時間がないという方が多くいます。

 

そういった状況で

しかも自己発送を行っている場合

3-4日といった日数の選択が良いです。

 

 

*予約販売をする場合も

長めに設定しておくことをお勧めします。

 

予約商品の販売日に注文が確定していなく、

何日か経ってから注文が確定すると

その日確定した日に発送しないと

発送が遅れている扱いになってしまうためです。

 

通知設定

 

Amazonからの通知を受け取るか受け取らないかを

内容ごとに決めることができます。

 

まずは設定の中にある

通知設定を選択します。

 

通知の選択内容は以下の通りです。

 

 

この中で特に重要なのが以下の5つです。

 

・注文通知(注文が入ったらリアルタイムで分かる)

・Prime通知(Prime出品を行うならば必須)

・保証申請の通知(自己発送商品が返品申請された時の対応に必要)

・アカウント通知(知らないと危険な内容も多い

         Amazon内での最新情報が通知されます

・メッセージング(購入者からメッセージがある場合があります。

24時間以内に返す必要があるため見逃し厳禁です・)

 

 

事業者登録

 

最後にやっておきたいのは、

事業者登録です。

 

 

事業者情報は、

設定の中にある「正式名称/販売事業者名」から

登録してください。

 

 

これによって購入者が、

販売者の正式名称を見れるようになり、

販売者の信頼性が上昇します

 

まとめ

 

Amazonセラーは作業の簡略化ができるので、

物販、せどりに必須のサービスです。

 

Amazonセラー登録自体は

決して難しい作業ではないので、

早めに済ませておきましょう!

 

アカウントの審査が完了したら、

この記事で紹介した3つの初期設定をしておくと、

その後の出品・仕入れがスムーズになります。

 

Amazonセラー登録を済ませて、

物販、せどりで稼ぐ一歩を踏み出してみてください。

 

 

登録作業が終われば

次はセラーセントラルを活用し、

物販の開始です!

 

セラーセントラルの活用方法は

こちらの記事を参考にしてください。

 

セラーセントラルの使い方

 

登録はできているからその先のリサーチ方法や

せどりの考え方を知りたいという方は

メルマガ&LINE@の配信を参考にしてください。

  

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。