Amazon販売で重要となってくる商品リサーチに、

どんなツールを使っていますか?

 

適切なリサーチツールを使うだけで、

物販の効率が大幅にUPします!

 

ここでは、

商品探しに必須のリサーチツール8選

ご紹介していきます。

 

ぜひ参考にして、

自分に合ったものを取り入れてみてください。

 

 

物販の効率化にはツールが必須

 

物販の効率化にツールが必須なのは、

実際に仕入れて儲かる商品かを見極めるのが

最も重要だからです!

 

回転率、利幅、ライバル数など、

さまざまな情報を、

ツールで一度にチェックしていきましょう!

 

 

物販に必須のリサーチツール8選

 

ここでは、

物販に必須のリサーチツール8選

ご紹介していきます!

 

実際にいくつか使ってみて、

使いやすさや自分に合うものを選んでみてください。

 

  • keepa
  • せどりすと
  • オークファン
  • 価格ドットコム
  • Amazonアプリ
  • FBAシミュレーター
  • 楽天市場アプリ
  • メルカリ

 

 

keepa

 

まず押さえておきたいのは、

Google Chrome拡張機能であるkeepaです。

 

仕入れる商品が、

利益の出る商品かどうかを判断するために

活用します。

 

  • アマゾンの価格推移と在庫の有無
  • 一般セラーの価格推移
  • ランキングの推移
  • トラッキング機能

 

より機能を使いこなすためには、

月額1,900円の有料版に登録すると良いでしょう。

 

keepaに関しては

別記事のこちらを参考にしてください。

 

 

 

 

せどりすと

 

次に効率の良い仕入れに効果的なのが、

せどりすとです。

 

店舗でせどりをする人向けのアプリですが

仕入れた商品のリストをメールで送ることにより、

出品作業が楽になります。

 

使い方は、

商品を仕入れる前に仕入れリストに登録するだけでOKです。

 

これにより、

仕入れ作業に費やす時間を減らすことができます。

 

無料で使えるので試してみてください。

 

 

オークファン

 

ヤフオクで売れた商品の

過去の落札価格を調べることができるのが、

オークファンです。

 

中古品の販売をするときに

ベストな商品・価格・タイミングを分析できます。

 

Amazonで売りやすいものもあれば

ヤフオクの方が売りやすいものもあります。

 

そのため、ヤフオクで仕入れてアマゾンで販売、

逆にAmazonで仕入れてヤフオクで販売

といったことも可能になってきます。

 

販路は1つに絞らず

販売していくことでより良い成果が得られます。


 

 

価格ドットコム

 

大手ネットショップの相場を調べる際に役立つのが

価格ドットコムです!

 

オンラインでの最安値サイトを検索してくれるので、

価格差のチェックをしたいときに有効です。

 

また、セール品などを情報や

テレビなどで紹介された商品なども分かるので

リサーチに大いに役立ちます。

 

Amazonセラーアプリ

 

Amazonセラーアプリは、

パソコンで見るAmazonセラーセントラルを

スマホで見ることができるアプリです。

 

主に下記の3つの機能が便利ですね!

 

  • 売り上げ確認
  • 顧客からのメッセージを確認、アプリからの返信
  • 出品制限の有無の事前チェック

 

 

 

FBAシミュレーター

 

FBAシュミレーターは、

アマゾンで出品したときにかかる販売手数料を自動計算し、

利益を知ることができるというものです。

 

アマゾン販売にかかる手数料は、

商品によって異なるため、

手数料がどのくらいかかるのかを把握する必要があります。

 

せどり初心者のうちは、

FBAシュミレーターを活用して、

利益を確認すると良いでしょう。

 

これに関しても別記事で紹介しているので

こちらを参考にしてください。

 

 

 

楽天市場アプリ

 

楽天市場は、

ポイントが多くつくことで

Amazonよりもお得に変えるものが多くあります。

 

そのため、楽天で仕入れて

Amazonで販売するといったことも

可能になります。

 

そこで活用できるのが

楽天市場のアプリです。

 

バーコードリーダーがあり、

楽天市場内の最安値を

簡単にチェックできます。

 

そのため、お店などで

商品検索やランキングで

商品リサーチが可能です。

 

さらにお知らせ機能により、

お気に入りの商品の値下げや、

再入荷の情報がいち早く手に入ります。

 

 

 

メルサーチ

 

メルサーチとは、

メルカリの商品をリサーチできるアプリです!

 

過去のデータを見て売れた商品をリサーチや、

キーワードや期間を指定して検索すれば、

売れる商品を見つけやすく、

季節ものの仕入れ予測もできます。

 

ただし、完全に一致する商品を見つけるのは難しいので、

検索するときは商品からキーワードを見つけることが必要です。

 

 

リサーチツールはどうやって使うべき?

 

では、

実際にリサーチツールをどのように活用すれば良いのでしょうか。

 

せどりで仕入れる商品の条件は、2つです。

 

  • 利益率が20%以上
  • 1ヶ月以内に売り切れる

 

まずは、

keepaや価格ドットコムといった、

商品の最安値・回転率をチェックできるツールを使いましょう!

 

次に、

FBAシミュレーターを使って具体的な利益率を計算します。

 

その後は、

作業に合わせてせどりすとやメルサーチを組み合わせて、

効率化を進めてください!

 

 

まとめ

 

リサーチツールを使えば、

的確に利益を得られる商品を探し出すことができます。

 

感覚に頼らず、

データや分析を参考にすることが大切です。

 

今回は無料のツールのみを紹介しましたが

有料のものだとさらに良いものがたくさんあります。

 

ご自身に必要かどうか考え、

リサーチツールを積極的に取り入れて、

効率良く利益商品を見つけていきましょう。

 

次はリサーチの考え方と

簡単なやり方の1例をお伝えしていきます。

 

リサーチの考え方とやり方1例

 

 

損切りリスクの少ない商品を探したいという方は

メルマガ&LINE@でくわしくお伝えしているので

配信を参考にしてみてください。

 

    

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。