Amazonで販売をする場合、

基本料金とは別に手数料がかかります。

 

「FBA」で発送する場合は、

さらに別料金がかかります。

 

これを知らないと、想像より利益が出ずに、

赤字になる可能性があります。

 

そこで今回は「Amazon販売の手数料」について、

詳しく紹介していきます!

 

 

Amazon販売にかかる手数料ってなに?

 

Amazonでかかる費用は、

「基本料金」「手数料」となります。

 

その中の手数料は、主に以下の3つです!

 

  1. 販売手数料
  2. カテゴリー成約料
  3. FBA手数料

 

 

販売手数料

 

販売手数料とは、

販売する商品のカテゴリーによって

率が変わる手数料のことです!

 

大型家電やバッグなど、

それぞれかかる料金が違います。

 

ただしFBAを利用した時は、

販売手数料はかかりません!

 

 

カテゴリー成約料

 

カテゴリー成約料は、

定められたカテゴリー商品にかかる手数料のことです!

 

そのため商品によっては、

「販売手数料」+「カテゴリー手数料」の両方を、

支払う必要があります。

 

 

FBA手数料

 

FBAを利用することで、

発生する手数料です!

 

主に以下の2つがかかります。

 

  • 配送代行手数料
  • 在庫保管手数料

 

 

基本料金

 

基本料金は、

以下の2つのプランによって変わります!

 

  • 大口出品の場合
  • 小口出品の場合

 

 

大口出品の場合

 

大口出品の基本料金は、

以下の表となります。

料金名 料金
月間登録料 4,900円(税抜)
成約金 0円

 

大口出品のプランを利用するには、

毎月約5000円かかります。

 

ただその代わり、

商品が売れた時に払う成約金が、

一切かかりません!

 

 

小口出品の場合

 

小口出品の基本料金は、

以下の表となります。

料金名 料金
月間登録料 0円
成約金 100円(税抜)

 

小口出品のプランは、

大口と違い無料で利用することができます!

 

ただ商品が売れた場合、

1つにつき税抜100円支払う必要があります。

 

つまり毎月50点以下しか販売しない方は、

小口出品の方が少ない費用でAmazonせどりができますね!

 

 

販売手数料

 

販売手数料は、

先述したように商品カテゴリーによって料金が変わります

 

カテゴリー 販売手数料 最低販売手数料
楽器・カメラ・パソコン・周辺機器・エレクトロニクス(AV機器&携帯電話) 8% 30円
本・CD・レコード・DVD・ビデオ 15% なし
(エレクトロニクス、カメラ、パソコン)付属品 10% 30円
Amazonデバイス用アクセサリ 45% 30円
ドラッグストア・ビューティ ・1商品当たりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
・1商品当たりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%
30円

 

カテゴリーによっては、

販売手数料割引プロポーションキャンペーンで、

手数料が安くなっている場合があります!

 

 

カテゴリー成約料

 

カテゴリー成約料は、

先述したように定められたカテゴリーにかかる手数料です。

 

商品カテゴリー カテゴリ−成約料(日本)
80円
CD・レコード 140円
DVD 140円
ビデオ(VHS) 140円

 

国によって変わりますが、

日本のAmazonで販売する場合は上記となります。

 

 

FBA手数料

 

FBAを利用する場合は、

先述した手数料がかかります。

 

ただ実際は、

その他にも返品や返送の際にかかる「その他の手数料」が発生します。

 

手数料名 詳細
配送代行手数料 出荷、梱包、配送の代行にかかる手数料

商品サイズの区分によって変わります

  • 小型⇒282円
  • 標準⇒381円〜548円
  • 大型⇒589円〜1,756円
  • 特大⇒3,061円〜6,250円
在庫保管手数料 FBAの倉庫に保管・管理する手数料

商品サイズの区分によって変わります

【小型〜標準】

  • 1月〜9月⇒5.160円
  • 10月〜12月⇒9.170円

【大型サイズ】

  • 1月〜9月⇒4.370円
  • 10月〜12月⇒7.760円

「上記の値段×商品サイズ×保管日数=在庫保管手数料」となります

その他の手数料 FBA在庫の返送、所有権の放棄にてかかる手数料

 

FBAを利用してAmazonで販売する場合は、

これらの手数料を踏まえて利益計算する必要があります!

 

 

FBA料金シミュレーターとは?

 

FBA料金シミュレーターとは、

Amazonにて販売する際の手数料を

計算してくれるツールのことです!

 

これを使うことで、

実際に手元に入る利益を、

簡単に計算することが可能になります!

 

 

使い方

 

FBA料金シミュレーターの使い方は、

以下の通りです。

 

1.FBA料金シミュレーターにアクセス

ここからアクセスできます。

FBAシミュレーター

https://sellercentral.amazon.co.jp/fba/revenuecalculator/index?lang=ja_JP

 

2.販売する商品を検索

ASINやキーワード、SKUを入力します。

 

 

       *SKUやキーワードだとピンポイントで
        商品が出てこないものがあります。

 

3.販売する価格を入力

 

 

4.計算ボタンをクリック

 

 

これだけで、手数料と残る利益額がわかります!

 

また、グラフで売り上げやコスト、利益額を

見ることもできます。

 

 

 

仕入れの判断はどうすればいい?

 

仕入れる商品は、

手数料を引いて利益が取れる必要があります。

 

その判断基準としては「見込み利益20%」です!

 

20%あれば、

もし売れ行きが悪くて値下げをしても、

損する可能性が低くなります。

 

そのためFBA料金シミュレーターを使って、

見込み利益20%になるかどうかを、

判断基準にしましょう。

 

 

まとめ

 

Amazon販売をする際、

「基本料金」とは別に、

「手数料」が発生します。

 

利益を出すためには、

これらの料金を考慮して仕入れるようにしましょう。

 

そのために、

FBA料金シミュレーターを使うのがオススメです。

 

ただ、売れない理由が価格だけにあるとは限りません。

商品が売れない様々な理由が存在します。

 

そういった状況に陥る前に

こちらの記事を参考にしてください。

 

売れない理由と改善法

 

 

出品するための商品リサーチ方法や

せどりの考え方を知りたいという方は

メルマガ&LINE@の配信を参考にしてください。

 

    

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。